金融日記

2009年11月12日

皆さん、こんばんは。

どうも、かつをです。


今日はFX(外国為替証拠金取引)に興味がある人が多いみたいでとても質問が多いので、FXっていうのがどういうゲームなのかっていうのを書いてみようと思います。

儲けるためには別に必要ないけど、自分がどういうゲームに参加しているのかっていうのは最低限知っておいた方が良いので、FXに興味があって、これからやってみようかなっていう人は読んでね♪笑


FXっていうのはざっくり言うと、先物取引というデリバティブ(金融派生商品)の一種だ。(ほんとはFXと為替先物はちょっとだけ違う)

先物取引は現物(直物)を直接やり取りするのではなく、将来のある時点での取引の値段をあらかじめ決めておく契約のこと。


例えば、1ドル100円として1000米ドル(10万円分)を証拠金1万円払って買うと(買いをロング、売りをショートって言ったりする)、レバレッジは10倍(10万円÷1万円)だ。

ところでこの取引において、FX会社は実物の米ドルを買っているわけではなくて、あなたが1000ドルを仮に買ったことにして、同じ値段で1000ドルを売った別の顧客の口座と取引所を通じてマッチングさせるのです。

これで、円安ドル高になってあなたが1万円儲ければ相手は1万円損し、円高ドル安になってあなたが1万円損すれば相手は1万円儲けますね。

FX会社はこの取引から何のリスクも負わず、双方から為替スプレッド(1ドル2銭~5銭)の手数料を受け取ったうえで、一方の口座からもう一方の口座へ10万円を付け替えるだけです。

このときの、あなたが買ったことになっているヴァーチャルな1000ドル(=10万円)を想定元本、1万円のリアルな損益のやり取りを差金決済と呼びます。


これはヴァーチャルな取引からリアルマネーのやり取りをする、まさにマネーゲームですね!


ただ、この取引が完全にヴァーチャルかと言うとそうでもなくて、FX会社に追加の証拠金9万円を振り込んで、レバレッジ率を1倍にすれば、これは外貨預金とほとんど変わらない。


さて、ここからは為替先物とFXの違いを説明しよう。(税コスト的には申告分離課税で損益通算と損失の繰り延べが出来るので為替先物の方が有利)

まず簡単にいうと例えば、円建ての金利を0%、ドル建ての金利を5%とすると、ドルを買った場合、円ドルの金利差5%(正確には直先スプレッド) を日割りしたものをスワップポイント(スワップ金利ともいう)として受け取れる。(スワップポイントが毎日貰えると嬉しく感じる人が多いけど、実はほんの ちょっとだけ損だよ。)

これは外貨預金の利子が毎日貰えるみたいなものと理解して問題ないです。笑


もうひとつ、FXの際立った特徴として、非常に高いレバレッジを掛けれることにあります。

ハイリスクな投資の代名詞になっている株式の信用取引はレバレッジ率3倍が一般的で、先物取引でもレバレッジ25倍が最大だ。

それに対して、FXのレバレッジは大手で約20倍、中小では200~300倍のところもある。

レバレッジ300倍っていうのはどういうことかというと、100万円を担保に3億円分借りて、1ドル100円とすれば300万ドル分の想定元本から年5%のスワップポイントが付くとしたら、そこから毎年約1500万円のリアルマネーが手に入る。

この状態が永遠に続けば、100万円で一生働かずに生きていけるけど、ちょっとでも円高ドル安に振れると一瞬で証拠金がぶっとぶからその時点で即ゲームオーバーだ。


ここまでがFXっていうゲームの概要だ。


では、次に為替レートがどのように決まるのかを見ていきましょう。

これは諸説あるけど、基本的には購買力平価説と金利裁定によって決まるんだけど、もうめんどくさいので詳しい説明はまたの機会にするとして、結論だけ言おう。笑


1.デフレによって物価が下落すればその通貨は上昇する。

2.名目金利の低い通貨は上昇する。



ファンダメンタル的には為替レートはこのように決まります。


閑話休題


少し前に、欧米の金融業界で「ミセス・ワタナベ」が話題になった。

これは実在の人物ではなく、日本の主婦トレーダーの総称だ。

ミセス・ワタナベは数兆円単位で低金利の円を売り、米ドルやポンド、豪ドル、ニュージーランドドルなどの高金利通貨を買った。

ヘッジファンドが多用する、いわゆる円キャリートレードだ。

2007年に普通の主婦がFXで多額の脱税が次々に発覚して大きく報道されたため、FXはとても儲かるイメージがあるかもしれない。

確かに、少なくとも宝くじよりかはお金持ちになれる確率は遥かに高い。

大人が自己責任でやるなら、FXはギャンブルとしては最も魅力的なゲームだ。

ただ、FXはゼロサムゲームなので、誰かが得をしているということは誰かが損をしているということ。

一握りの人が大きく儲けているということは、たくさんの人が損をしているのだ。

残念なことに、ファイナンスには効率的市場仮説(EMH)っていうのがあって、値動きはランダム・ウォークだから未来のことは誰も予測できないという身も蓋もない大前提がある。

FXに限らず投資っていうのは確率のゲーム、つまりギャンブルである以上、利益を出すのも損失を被るのもすべては運次第なのだ。


ファイナンスとは、お金を右から左へ、左から右へと、とうとうなくなってしまうまでまわし続ける技術である。

ロバート・サーノフ


参考文献
黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
クチコミを見る
臆病者のための株入門 (文春新書)
臆病者のための株入門 (文春新書)
クチコミを見る
なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
クチコミを見る


    このエントリーをはてなブックマークに追加
investor46 at 20:55
曜子との愛人契約を破棄し、曜子に負けず劣らず美しい景子に乗り換えることにしたあなたは、景子と結婚することに決め、プロポーズしました。

北川景子

景子タン。。(;゜∇゜)ハァハァ


しかし、あなたと時を同じくして、かつを君も景子にプロポーズしました。


今日は景子の立場になって、どちらのプロポーズを受け入れるべきかを考えてみましょう。


景子はとても計算高い小悪魔ちゃんなので、あなたとかつを君、どっちを選ぶかの判断基準は経済力のみとします。

あなたの年収は700万円(月約60万円)、かつを君の年収は500万円(月約40万円)。

年収だけなら景子は間違いなくあなたの方を選ぶでしょう。

しかし、あなたの貯金はゼロ、真面目なかつを君には貯金が1000万円あるとします。


稼ぎはあるけど貯金ゼロのあなたと稼ぎはそれほどでもないけど貯金は1000万円あるかつを君。


景子はどちらを選べば良いのでしょうか?


前回、毎年貰えるお金をC、ディスカウント・レートをrとする契約の現在価値PV(プレゼント・バリュー)は

PV=C/r

と表されることを学びました。


この永久還元の定義式をあなたとかつを君にあてはめてみましょう。


日本の法律で企業は一度雇うと、めったなことでは社員をクビにできないようになっているので、リスクを織り込んだとしてもディスカウント・レートは5%くらいで良いでしょう。

すると、あなたの価値PVは

あなたのPV=700/0.05=1億4000万円

これは逆に言うと、1億4000万円を5%で運用すれば、毎年700万円稼ぐことができるということです。


では、かつを君の価値を計算してみましょう。

かつを君のPV=500/0.05=1億円

これに貯金の1000万円を足した1億1000万円がかつを君の現在価値です。


以上から、景子は貯金が1000万円あっても稼ぎのないかつを君よりも、稼ぎのあるあなたを選ぶのが経済合理的な判断となります。


しかし、話はそう単純ではありません。

あなたは年収700万円もあるのに、お金の使い方がちゃらんぽらんで貯金がゼロですが、かつを君はあなたより稼ぎが少ないにも関わらず貯金が1000万円もあるのです。

つまり、景子はあなたと結婚しても稼ぎの全てを自分に使ってしまうんじゃないかしら?と考えました。

そのあたりのことも考慮して、もっと正確に彼らの価値を計算してみましょう。

より正確に計算するためにはあなたとかつを君に掛かるコストも考えなければなりません。

このコストは生きていくのに最低限必要な食費、住居費などです。

では、あなたの価値を改めて計算してみましょう。

あなたはたばこや飲み代、交際費等もかなりあり、頑張っても年500万円掛かるとします。

PV=(700-500)/0.05=4000万円


かつを君はとても真面目なので、年200万円しか掛からないとします。

PV=(500-200)/0.05+1000=7000万円


以上から、結果は明らかですね。笑

一般的に女の人は同じくらい魅力的な男なら単純に収入が多い人を選びがちですが、(収入-支出)まで考えれば、いくら稼ぎが良くてもお金にちゃらんぽらんな人よりかは、収入が少なくても真面目にこつこつ貯金できる人の方が経済的には合理的な選択となります。


さて、ここまでの議論でもう一つ分かったことがあります。


あなたとかつを君の価値を計算してきましたが、人間を資産として考えて割り出された価値をゲーリー・ベッカーがいうところの「人的資本」と呼びます。

ざっと計算しても大抵の人には大体、数千万円以上の人的資本価値があります。


いくら自分は価値のない人間だと思ってる人がいたとしても、実際にはとても大きな価値があるのです。



少なくとも、経済的には。


参考文献
金融日記

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
クチコミを見る


    このエントリーをはてなブックマークに追加
investor46 at 20:49
前回、曜子に

「あたしとこれからも付き合い(寝た)たかったら、年1000万円(月約83万円)払いなさいよ。」

と言われたあなたはこの契約(これを愛人契約という。売春は違法だけどなぜか愛人契約はセーフらしい。)に愚かにも即決しました。


さて、この契約の価値はいくらでしょう?というのが今日のテーマです。


曜子は毎年1000万円貰えて、ディスカウント・レートは1.5%なので、高校の時に習った等比数列の和の公式を導出するときの方法が使えますね。


PV=1000/(1+0.015)+1000/(1+0.015)^2+1000/(1+0.015)^3+・・・①

両辺に(1+0.015)を掛けると

(1+0.015)PV=1000+1000/(1+0.015)^2+1000/(1+0.015)^3+・・・②

式②-式①

0.015PV=1000

ゆえに


PV=6億6667万円


というのが答えになります。


これを一般化してみましょう。


毎年のキャッシュ・フローをC

ディスカウント・レートをr

とすると、毎年永遠にCを受け取れる現在価値PVは

PV=C/r

この式を永久還元の定義式(Present Value of Perpetuity)と言います。

これがファイナンスにおける最も基本的な方程式で、後はディスカウント・レートrをリスクや成長率に応じていじくれば株だろうが債券だろうが不動産だろうが理論上はどんな金融商品でも価値を計算することができます。


さて、この方程式を見ると、日銀やFRBが金利を下げるとどうして株価が上がるのかということが分かります。

Cが一定なら、ディスカウント・レートrを下げれば株価は大きくなりますね。

世界同時不況の今、世界の中央銀行が一斉に金利を下げるのはディスカウント・レートを下げて株価を上昇させたい思惑があるからなんですね。


閑話休題


ここからは、先の契約(愛人契約)を恋愛工学的見地から見てみよう。※

先の計算で出た6億6667万円という数字は、恋愛工学的には曜子のセックス・キャピタルから生み出された実現リターンだ。

これをあなた側から見ると、曜子を囲うためのコスト、年1000万円(現在価値にして6億6667万円)を払うということは曜子はこれくらいのセックス・バリューがあると思っていることになる。

しかし、曜子がいくら美人とはいえ、約6億7000万円はちょっと高すぎる気がする。。

では曜子の1セックス当たりの価値を計算してみよう。

週一回、年約50回セックスするとしますと曜子の1セックス当たりの価値は1000/50=20万円となります。

曜子くらい美人だと一晩20万円はちょっと安いかも・・・。

週二回、年約100回すれば単価は10万円だ。

そうなると年1000万円は妥当だ。

ということはディスカウント・レートが低いということになる。

寿命を考慮していないし、関係が破綻するリスク、美しさの劣化、さらに限界効用の逓減(ていげん)をディスカウント・レートに織り込んでいない。

限界効用の逓減とは、例えば曜子との一回目のセックスはとても満足できるけど、二回目は一回目ほど、三回目は二回目ほど満足度(効用)は小さくなる。

つまり、飽きるということ。

そんなときに、新たに魅力的な女性(名前を景子とすると)が現れると、あなたは景子に浮気したくなる。(数学的にいうと、限界効用の逓減により、曜子の限界効用が景子の限界効用を下回ったということ。)


いろいろと論じてきましたが、残念ながらこれらのファクターを数値化する実用的なモデルはまだないので計算できません。笑


※注意、ネタです。フィクションです。てか、理系バカのただの妄想です。


参考文献
金融日記

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
クチコミを見る


    このエントリーをはてなブックマークに追加
investor46 at 20:44
僕たちの住むこの宇宙を記述する物理理論には、物質や時空間を支配する基礎定数というものがあります。

相対性理論では光速cが、量子力学ではプランク定数hがそれにあたります。

ファイナンスの世界を支配するのは金利rですが、これは定数ではなく、人間の欲望と恐怖によって時々刻々と変わるパラメータ(変数)です。

今日はそんなファイナンスの基本概念である金利について書きたいと思います。


前回、10年後に貰える1000万円は現在価値にしたらいくらかというのを国債の金利1.5%を使って計算しました。

このとき使った金利をファイナンスではディスカウント・レート(割引率)といいます。

さらに、前回は日本国と曜子の信用リスクの差を期待値をいじくることによって表したけど、この場合、普通はディスカウント・レートを調整することによって表現します。

(1000×1/3+0×2/3)/(1.015)^10=1000/(1+r)^10

1+r=1.015×3^(1/10)=1.133

r=13.3%


つまり、曜子にお金を貸すなら、これくらいの金利にしないと割りに合わないということです。

このときの日本国と曜子の信用リスクの差13.3%-1.5%=11.8%をクレジット・スプレッドといいます。


さて、ここで862万円分の日本国債を買うのと曜子に287万円お金を貸すのはどちらも期待リターン1.5%で一緒ですが、どっちを選びますか?

多くの人は日本国債を選ぶのではないでしょうか。

なぜなら、期待リターンが一緒ならリスクが小さい方が良いに決まってるからです。

ということは曜子にお金を貸すならリスクが大きい分、もう少し金利を上げなければならないのです。

このリスクの分だけ上げなければならない金利をリスク・プレミアムといいます。

このリスク・プレミアムを求めるのは非常に難しくて、標準的な求め方でもノーベル経済学賞受賞理論である、ウィリアム・シャープのCAPM(キャップ・エム)理論を使わなくてはなりません。


以上の議論により、(2/3の確率で約束を反故する)曜子が

「あたし、お店をやりたいの。10年後に絶対1000万円にして返すからお金を貸して(ハァート)」

と、言ってきた場合、正当なファイナンス理論に従えば、あなたの答えは、

「最高287万円までならだすから、10年後に絶対1000万円にして返してくれ。」(この契約を証券化したものをゼロ・クーポン債(割引債)という。)

と言うほかない。


しかし、曜子が美人だったと仮定してみよう。


曜子タンがこんなんだったら。。(;゜∇゜)ハァハァ



もしも、曜子がこれくらい美人だったら、
熊田曜子

「お金を貸して(ハァート)」

なんてチャチなこと言いません。


「あたしとこれからも付き合い(寝た)たかったら、年1000万円(月約83万円)払いなさいよ。」

と言って来たとします。

「ハイ!!!」

エロくて愚かでどうしようもなくバカなあなたはもちろん即答しました。笑ww


さて、このときの曜子との契約の価値を計算しなさい。※


※ディスカウント・レートを1.5%とし、未来永劫、年1000万円払い続けるとする。その際、お互いの寿命は考慮しなくてよいものとする。


参考文献
金融日記

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
クチコミを見る



    このエントリーをはてなブックマークに追加
investor46 at 20:40
突然ですが、あなたの恋人から(名前は曜子としておこう)

「あたし、お店をやりたいの。10年後に絶対に1000万円にして返すから、お金を貸して(ハァート)」

と言われたとしよう。


あなたは曜子にいくら貸すべきでしょうか?


「そんなの曜子がどれだけ美人(もしくは愛しているか)かによって出す金額が変わるよ。」


と思った人は完全に正しい。


※実は女性の価値はファイナンシャル・バリュー(Financial Value)とセックス・バリュー(Sex Value)の和として表されるのだけど、セックス・バリュー算出の基礎パラメータ(変数)として、若さα、容姿の美しさβ、オプションγをSex Value Pricing Model(セックス・バリュー評価モデル)にぶち込むことで計算できる。

しかし、この問題を扱うには非常に高度なゲーム理論の知識とリアル・オプションの考え方が必要になるので、ここはSV=0と仮定して話を進める。

この辺の学際分野の議論は僕自身、未だ研究中なのでまたの機会に。笑
(※注意 ネタです。笑)


さて、最も安全とされる金融資産に日本国が元利を保証する国債というものがあります。(国の元利保証が最もリスクが少ないという前提に納得がいか ない人は、早く資産をまとめて信用できる国に移住するか、選挙に立候補してこの国を信用に足る国に変える努力をすることをお勧めします。笑)


この新発10年物国債の利回りが年1.5%くらいなので、10年後に1000万円受け取るためには

PV×(1.015)×(1.015)×(1.015)×(1.015)×(1.015)
×(1.015)×(1.015)×(1.015)×(1.015)×(1.015)=1000

PV×(1.015)^10=1000

PV = 1000/(1.015)^10 = 862


なので、862万円分の国債があればよい。


つまり、10年後に貰える1000万円の価値は今現在の862万円と同じということです。


このフューチャー・バリュー(将来価値)をディスカウント(割引き)したものをファイナンスではプレゼント・バリュー(現在価値)といいます。


実はファイナンスっていうのは、事業や金融資産のプレゼント・バリューを求めることと言っても過言ではありません。


さて、ここで考えなければいけない事は曜子の信用だ。

日本政府が将来、絶対1000万円返すって言ってるのと、曜子が将来、絶対1000万円返すって言っているのとどっちが信用できる?

仮に1000万円返ってくる確率が1/3で、2/3の確率でばっくれられるとしよう。

すると期待値では

1000×1/3+0×2/3=333

なので、曜子は10年後に(期待値で)333万円返すと言っているに等しい。

よって10年後に333万円得るには、

333/(1.015)^10=287


なので、今、日本国債に287万円投資すればいいことが分かる。


よって、君の出せる最大値は287万円だと言うことが分かる。


以上の計算は、リスク・プレミアムと言うものを考慮していない。

リスクというのはとてもとても深遠な概念で様々な学者や実務家に研究されている。

簡単に言うと、同じ期待値なら人間は普通、リスクの小さいものを選ぶと言うこと。

例えば、1年後に確実に10%のリターンがあるものと、半分の確率で-10%、半分の確率で30%のリターンと言う選択肢があったら、両方とも期待値では10%のリターンなんだけど普通、人間は前者を選ぶ。

よって、リスクの高いものほど少しだけリターンの期待値そのものが高くなる必要があるんだ。

これをリスク・プレミアムと呼ぶ。

よって、模範解答は、

「曜子が10年後に1000万円絶対返すと言う契約に、あなたが出せる最大値は287万円」

と、言うことになる。



参考文献
金融日記

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方
クチコミを見る
MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA)
MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA)
クチコミを見る



    このエントリーをはてなブックマークに追加
investor46 at 20:34
スキャンマン株式会社代表取締役の杉本勝男と申します。 当サイトへお越し下さりありがとうございます。 コメント、トラックバック歓迎です。 なお、当サイトはリンクフリーです。 twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
  • ライブドアブログ