派遣型スキャン代行サービス SCANMAN
http://www.scanman.in/

SCANMAN公式Facebookページ
https://www.facebook.com/scanman.in

SCANMAN公式Twitterアカウント
https://twitter.com/scanman_in


直接のご連絡はこちらまで
Mail:katsuo@scanman.in
LINE ID:katsuo0406

2014年05月01日

イノベーションのジレンマ




そんなわけで、あのジョブズもベゾスも愛読していたというクレイトン・クリステンセンのイノベーションのジレンマを読んでみました。
最初の部分は、それこそ半導体の成長率が破壊的技術によって、うんたらかんたらという事実の羅列で全然面白くないんですけど、後半からはこの当たりの分析を元に非常に示唆に富んでいて非常に興味深いです。

いくつか興味深いポイントがあるんですけど、経営陣も社員も優秀で、やっているビジネスモデルも非常に優れている大企業がなぜしばしば負けるのかという問いです。
これはビジネスモデルや経営戦略、そして社員や経営陣が優秀なために、それが足かせとなって負けるというのは非常に興味深いですね。
例えば、Amazonと巨大小売企業ですけど、巨大小売企業がネット販売に参入したとき、配送インフラや資金力等で劣るAmazonは当初負けると思われていました。
しかし、ある程度まとまった商品をトラックに載せ、各店舗に配送するように最適化された巨大小売企業の配送インフラは、各家庭に小包を配送する必要のあるネット販売とは全く違ったもので、これまでの物流インフラが機能せず、全く違うロジスティクスを構築する必要がある。
これまでのインフラをドラスティックに変えるのは、0から作り上げるよりも困難なので、Amazonが勝ったと。

他にもリーンスタートアップにも通ずるところがたくさんあって、例えば必要最小限のプロトタイプを出して、需要があるかどうかを市場に聞いてみるということや、この必要最小限のプロトタイプの目的を「学習」することとする点などこれからスタートアップを始める人にはとても参考になります。

スタートアップから大企業の経営者まで、為になる示唆に溢れているので、最初の方はちょっとつまらないけど、読んでおくと良いと思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加
スキャンマン株式会社代表取締役の杉本勝男と申します。 当サイトへお越し下さりありがとうございます。 コメント、トラックバック歓迎です。 なお、当サイトはリンクフリーです。 twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
  • ライブドアブログ