派遣型スキャン代行サービス SCANMAN
http://www.scanman.in/

SCANMAN公式Facebookページ
https://www.facebook.com/scanman.in

SCANMAN公式Twitterアカウント
https://twitter.com/scanman_in


直接のご連絡はこちらまで
Mail:katsuo@scanman.in
LINE ID:katsuo0406

2009年11月12日

今日も世界ではたくさんの子供たちが死んでいく。

UNICEF(国連児童基金)によれば、毎日、世界中の子供たちの2万5000人が5歳未満で死んでいく。

その半数以上がアフリカの子供たちで、6人に1人が5歳の誕生日を迎えることが出来ない。

さらに、飢餓とエイズ禍のためにアフリカの平均寿命は40歳以下にまで落ち込んでおり、1日100ドル以下で生活する絶対貧困層の数は3億人を越えている。

そのうえこの状況は年々悪化している。

どうも、かつをです。


僕は別に、彼らの為に募金をしろとか、ましてやご飯を残さず食べろとか言いたいのではありません。

むしろ、その逆です。


皆さん、できれば募金や寄付はしないで下さい。


はっきり言って、募金や寄付なんてのは”正義”でもなければ、”偽善”ですらないです。


そんなものは”悪”でしかありません。


アメリカや日本などの先進国は、最貧国に莫大な援助を行い、対外債務が膨らんで返済不能になればそれを免除し、製薬会社に命じてエイズ治療薬を安価に販売させ、サミットでアフリカ支援を話し合う。

どれもとても素晴らしいことだけど、最貧国への経済援助はすでに何十年も続けられてきたにも関わらず、ほとんど何の効果もなかった。

ケニアのエコノミスト、ジェームズ・シクワチによれば、例えばケニアの一部で旱魃(かんばつ)が発生すると、政府は大声で全世界に危機を告げる。

その声は国連世界食糧計画に届き、やがて大量のトウモロコシが送られてくる。

その援助物資は被災地には届かず、一部は政治家の選挙区に配られ、残りは闇市で叩き売られる。

ただ同然の農産物が大量に流入することで、現地の農業は競争力を失って壊滅してしまう。

同じことは、例えば善意溢れるドイツの人々がアフリカに送る古着についても言える。

援助物資として送られたドイツの中古ブランド品を闇市に買いに来るのはドイツ人で、彼らはそれをインターネットオークションでドイツの消費者に高値で転売する。

この馬鹿げた「援助」のおかげで、ただでさえ貧弱なアフリカ諸国の軽工業は甚大なダメージを受けている。

さらに、エイズすらもアフリカ諸国の「援助ビジネス」の道具にされている。

為政者たちは”被害”が大きければ大きいほど多額の金が送られてくることを知っており、患者数を数倍に水増しして「公式患者数」として発表している。


このようなことが40年も続いた挙げ句、アフリカ人は自分たちの仕事を「乞食」だと思うようになってしまったと、シクワチは言う。


そこで彼は、”善意”溢れる先進国の人々に懇願する。

「お願いだから、もうこれ以上、援助しないで下さい。

私たちに必要なのは援助ではなく、健全な市場経済なのです。

私たちを、自分の足で立たせて下さい。」


The road to hell is paved with good intentions.

”地獄への道は善意で敷き詰められている”のだ。


こうしたことは、経済学者のロバート・バローやウォルター・ブロック等も主張している。


インドが経済大国へと離陸しつつあるのは過去の援助の効果ではなく、冷戦の崩壊と中国の経済的躍進によって、この十数年で市場経済へと大きく舵を切ったからで、それ以前の莫大な援助は何の役にも立たず、いたずらに貧困を悪化させただけだった。


今も世界には飢えや病気で苦しんだり、死んだりする人がたくさんいる。


これはとても悲しいことだけど、アフリカで人が何人死のうが自分とは関係がないし、かといって何かしてあげられるわけでもない。


だから、僕はせめて募金はしないでおこうと思う。


ただ、それでも募金や寄付をする人を僕は否定しない。


自分の意思で何をしようがその人の自由だからだ。


でも、一言だけ言わせてもらうなら、


苦しんでいる人を助けたいという気持ちはとても素晴らしいけれど、


その経済学は間違っているよ。


参考文献
不道徳教育
不道徳教育
クチコミを見る



    このエントリーをはてなブックマークに追加
investor46 at 20:09
スキャンマン株式会社代表取締役の杉本勝男と申します。 当サイトへお越し下さりありがとうございます。 コメント、トラックバック歓迎です。 なお、当サイトはリンクフリーです。 twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
  • ライブドアブログ