派遣型スキャン代行サービス SCANMAN
http://www.scanman.in/

SCANMAN公式Facebookページ
https://www.facebook.com/scanman.in

SCANMAN公式Twitterアカウント
https://twitter.com/scanman_in


直接のご連絡はこちらまで
Mail:katsuo@scanman.in
LINE ID:katsuo0406

2012年02月16日

音楽業界のあるべき姿

これまで音楽業界はAppleのiPodとiTunesによって劇的に変えられました。

iPodによってCDを持ち歩く必要がなくなり、iTunesによってデジタル配信されるのでCDショップはほぼ壊滅状態です。

さて、Appleによって音楽業界は変革したわけですが、周りを見回してみると実際に音楽をiTunesでダウンロードしている人っているでしょうか?
ぶっちゃけほとんどの人はYouTubeやニコニコ動画からダウンロードしたり、ファイル共有サービスで手に入れるか、そこまでITリテラシーのない人はCDレンタルショップで借りてiPodに入れてる人が大多数だと思います。
正直タダで音楽が手に入るのに、iTunesで一曲200円とか150円とか払う気はあんまりしませんよね。
ていうか、iTunesで買わんでもCDレンタルの方がよっぽど安く手に入るんだから、デジタル配信ならCD借りて録音する必要がないとはいえ、それでもCDをレンタルする方を選ぶよね。
 
だから、僕は音楽業界ってまだまだ変革の余地がかなりあると思っていて、それを解決するんじゃないかと思ってるのが、欧米発のSpotify(スポティファイ)っていう音楽ストリーミングサービス。

音楽ストリーミングサービス Spotify の共同設立者が音楽やソーシャルについて語る「音楽の未来は、所有ではなくアクセス性にある」 - jay kogami's posterous 

このSpotifyというのは、聞きたい音楽をどれでも無料でストリーミングして聞き放題というサービスです。
無料版は聞ける回数や時間に制限があったりするんだけど、一定の月額料金を払う有料会員になれば無制限ですべての曲を聞き放題というビジネスモデルです。

別に僕たちは音楽を所有したいわけじゃなくて、要は自分のパソコンとiPodとかで楽しめればいいわけだから、所有してなくてもいつでもストリーミングで聞きたい曲が聞けるならそれでいいわけです。
それが例えば月額1000円とかで浜崎あゆみとか加藤ミリヤとかAKB48とかEXILEとかほぼすべてのアーティストの過去の曲からどんどん発売される新曲まで聴けるんなら、たぶんかなりの人が契約するんじゃないかな。

すべてのアーティストの曲が月額一定の料金を払えば聞き放題。
どうかな?これだったら僕もたぶん契約すると思うけど。

ということで、実際に周りを見回してみると意外にもまだまだ変革の余地はあって、その本命がSpotifyみたいな音楽ストリーミングサービスだと見てます。

日本にもSpotifyが来るか、iTunes率いるAppleがこれに乗り出すか見ものですね♪


    このエントリーをはてなブックマークに追加
investor46 at 14:39IT日記 
スキャンマン株式会社代表取締役の杉本勝男と申します。 当サイトへお越し下さりありがとうございます。 コメント、トラックバック歓迎です。 なお、当サイトはリンクフリーです。 twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
  • ライブドアブログ