派遣型スキャン代行サービス SCANMAN
http://www.scanman.in/

SCANMAN公式Facebookページ
https://www.facebook.com/scanman.in

SCANMAN公式Twitterアカウント
https://twitter.com/scanman_in


直接のご連絡はこちらまで
Mail:katsuo@scanman.in
LINE ID:katsuo0406

2011年03月10日

世界はどんどん早く豊かになっていく。

米国 / 経済 / 【肥田美佐子のNYリポート】2045年:コンピューターが人類の知能を追い抜く「特異点」到来か / The Wall Street Journal, Japan Online Edition - WSJ.com 

この記事はすごい良記事でした。
まったくその通りだと思います。

ここ2,30年の技術や科学の進歩はホントに凄まじいものがあります。
特にIT業界の変化のスピードは恐るべきものがありますが、つい10年前にはITと言えばマイクロソフトでした。
5年ほど前には最強のIT企業と言えばGoogleです。
そして、今ではそれはAppleでしょう。
さらにそこに世界の6億人をつなぐSNSのFacebookがあるし、歴史上最速で成長を遂げたクーポン共同購入サービスのGrouponがあります。
これからは何が来るでしょうか?
それはTwitterかもしれませんし、Zyngaかもしれませんし、また別の何かが彗星の如く現れるかもしれません。

世界は人類史上にない速度でどんどん変化しており、そのスピードは指数関数的に早くなっているのです。
たった10年前にはmixiもFacebookありませんでした。
5年前にはTwitterどころか、今では皆が持っているiPhoneやiPadすらなかったのです。
それがたった、2,3年で当たり前のように普及しているのです。

お疲れ、かつを:これからの自動車の話をしようにも書きましたが、それも グーグル、ロボット自動車のデモを披露--海外報道 - CNET Japanを見ると完全自動運転システムのロボット自動車も本当にすぐそこまで来ています。
おまけに次世代の車はiPadが標準装備に? ジュネーブ動向 (CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース を読むと、本当にiPadのようなタブレット端末が搭載されるかもしれません。

この調子だと、人工知能が発達してアンドロイドとか、脳にチップを埋め込んでコンタクトレンズに検索結果だとか投影したりするようなブレインインターフェイスみたいなものも、思ったよりもそう遠くない将来に実現してしまうのかもしれません。

そして、人工知能が人間の知能を追い抜いたとき、数学の定理や物理法則もコンピュータがどんどん発見し、革新的な技術を創造し、人間の寿命をも克服してしまうようなこともすべてコンピュータがやってしまうのかもしれません。

これからどんな世界がやってくるのかは全く想像つきませんが、少なくとも僕は今よりかは良い世界になっていると思います。
  


    このエントリーをはてなブックマークに追加
investor46 at 03:30徒然日記 
スキャンマン株式会社代表取締役の杉本勝男と申します。 当サイトへお越し下さりありがとうございます。 コメント、トラックバック歓迎です。 なお、当サイトはリンクフリーです。 twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
  • ライブドアブログ