派遣型スキャン代行サービス SCANMAN
http://www.scanman.in/

SCANMAN公式Facebookページ
https://www.facebook.com/scanman.in

SCANMAN公式Twitterアカウント
https://twitter.com/scanman_in


直接のご連絡はこちらまで
Mail:katsuo@scanman.in
LINE ID:katsuo0406

2010年08月28日

エコというエゴ、寄付という自己満。

痛いニュース(ノ∀`) : 東大名誉教授「エコキャップ運動は日本人以外はやらない。欧米人なら『単純に寄付すれば良い』と考える」 - ライブドアブログ
 
皆さん、こんにちは。かつをです。
毎度のごとく、この類いのエコ活動や寄付活動というのは叩かれまくるというのが常のようです。
叩くのは簡単ですが、なぜこういうボランティア活動が単なる偽善ではなく、寄付される側にとっても実は迷惑なのかというのを小学生でも分かるように説明してあげなければいけないでしょう。

まず、このエコキャップ運動は経済的にとても非効率的で無駄であるということが言えます。
6㎏のキャップを掻き集めると、60円分のワクチンを送れるそうですが、そのための輸送費やダンボール箱の費用は577円掛かるそうです。
これなら、単純にお金を集めて寄付をした方がずっと効率的でスマートです。

そして、このエコキャップ運動は実は環境に対して必ずしもエコであるとは言いがたいのです。
まず、キャップを輸送するために排ガスをまき散らしています。
それから、リサイクルして何か別の製品を作るにしても、そのために石油を使ったりしているので、このようなことまで総合的に考えると、キャップなんていちいち集めてリサイクルせずに他のゴミと同じように処分して埋めてしまった方が環境的にも経済的にも実は良かったりするのです。

また、寄付というのは寄付される人たちにとって実は何のためにもならないどころか迷惑なのでやめましょう。
詳しくは過去記事、お疲れ、かつを:今日も世界ではたくさんの子供たちが死んでいく。
を読んでください。

そういう安易な善意によるボランティアやエコを美徳とする教育は、子供たちにとっても悪影響です。
こう言うと、何もしないよりも何かをやる偽善の方が良いと言いますが、残念ながらそれは偽善ではなく単なる迷惑なのです。
そんなエゴや自己満を優先させる活動をさせることよりも、アフリカの人たちのことを本当に考えれば実は寄付はしないことの方が彼らのためということを教えるべきなのです。


The road to hell is paved with good intentions.

地獄への道は善意で敷き詰められている 
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
investor46 at 17:36徒然日記 
スキャンマン株式会社代表取締役の杉本勝男と申します。 当サイトへお越し下さりありがとうございます。 コメント、トラックバック歓迎です。 なお、当サイトはリンクフリーです。 twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
  • ライブドアブログ