2012年01月

2012年01月30日

http://itunes.apple.com/jp/app//id400206539?mt=8


今日は最近ダウンロードしたアプリでとても気に入ったものがあるので紹介したいと思います。
その名も「次にすること」というToDoアプリなんだけど、とても高機能な上にシンプルで直感的な操作できるUIなのでめちゃくちゃ素晴らしいです。
ちなみにこのアプリの作者は人気連絡先グループ分けアプリ「連絡先+」の作者でもあるので、このアプリを使っている人ならすぐに気づくでしょうが、UIが全く一緒です。
どちらのアプリも確か85円の有料アプリですが、すぐに落ちるとか動作がおかしいとかの不具合も全くなく、85円払う価値大有りです。

で、僕は今までToDoはチャットワークで管理してたんだけど、iPhoneアプリがしょぼいし動作が遅いということや、タスクの優先順位を付けられないなどの不満もあって、今やToDoは「次にすること」で管理しております。
で、僕の場合、アプリ名のごとく次にすることを全部ここに入れて実行すると作業がめちゃくちゃはかどるようになりました。
というより無駄なことしてる時間が結構減りました。
基本的な使い方としては、その日にやるタスクを前日もしくはその日の一番に全部入れて、後はそれをただひたすら実行するという風にすると自分の行動をかなりコントロール出来ると思います。
突然、入ったタスクもとにかく「次にすること」に書きこんでから、それをこなし、終わったらチェックをするということをやると、本当にこのアプリで自分の行動をコントロールすることが出来るんじゃないかな。
まあ僕はテレビとか見ちゃうとなんだかんだ結構無駄な時間を過ごすこともあるんですけどね。笑
んで、やっぱりこれをやりたいというタスクを書きこんでも、本当にめんどくさいことは結局先延ばしにしたりやらなかったりするんだけど、そういう日が何日も続くようだと、そのタスクはもっと小さなことに分割した方がいいかもね。
ブログを書くだったら、タイトルだけでも入れるとか、1センテンスだけ書くとか。それでも無理ならブログ更新ページを開くとか。
人間って一回やり始めると結構乗っちゃうから、それでやる気が出たら1エントリ書いちゃえばいいんだよね。

ToDoアプリはホントたくさんあるんだけど、とりあえず無料のやつを取ってみて不満があるようだったら、こいつを使ってみると良いと思いますよ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
investor46 at 05:54IT日記

2012年01月25日

マツダ先生(仮名)の思い出、あるいは議論の仕方を習ったことのない人はやっかいだということ - みやきち日記 


これめちゃくちゃ素晴らしい記事。
とにかくリンク先に飛んでもらって皆読んでもらいたい。
それくらいの良記事なので、とにかくリンク先に飛んで読んでくれれば、もうここに書くこともないんだけど、せっかくなので雑感を。

僕って最近特にそうなんだけど、気になったことは何でも聞きたくて、「なんで?なんで?」ってよく聞いちゃうようなうざい子なんですよ。笑
前もTwitterにも書いたんだけど、女友達2人と3人でアウトレットに行った時も、僕は買い物なんてあんまり興味ないので、ずっと女友達が買い物してる様子をついていって観察してたんですね。
そしたら「カワイイ~♡」とか言っていろんな服とかカバンとかを手に取ってるわけですよ。
僕には何が可愛くて何が可愛くないのかという基準が全くわかんないので、いちいち「どうしてこれじゃなくてこれがカワイイの?」とか「これがカワイイと思った理由は?」とか聞いて、女の子が思うカワイイの基準を知りたかったんですね。
結局それはセンスの問題だから僕には完璧にはわかんなかったんだけど、まあ僕はそうやってその人の行動や意見だとかの理由が知りたいわけなんです。
 
で、どうして理由が知りたいのかというと、僕は自分の行動や意見に対して「その行動をした理由は?」とか「その意見を持った理由は?」とか聞かれたときに、出来るだけはっきりとした理由を持っておきたいんです。
もちろん、今食べたい食べ物だとか感情や主観によるものまで何でもかんでも説明したいとは思わないんだけどね。
でも出来る限り理由を持っておきたい。
なんで理由を持っておきたいかっていうと、自分のアタマでちゃんと考えたいから。
例えば、「あなたはどうしてこの大学に入ったの?」って聞かれたときに「ん~。なんとなく。。」とは答えたくなくて、ちゃんと理由も含めて言いたいんです。
僕はなんとなくで入っちゃったんだけど。笑

でも、そうしてちゃんと自分のアタマで考えた末の理由を持つことができれば、自分の行動や意見や選択に対して責任が持てる。

そうやって、議論としてのルールとして自分の意見を言うときは必ず理由も言わなければならないというのはとても良いルールだと思うし、同じように自分の行動や意見や選択にも理由を添えて説明できるようになりたいよね。


だって、それが自分の「意志」で行動し、意見を言い、選択したってことなんだから。 



    このエントリーをはてなブックマークに追加
investor46 at 08:30徒然日記

2012年01月24日

「強いリーダー」はなぜいないのか? 週刊プレイボーイ連載(34) | 橘玲 公式サイト


ここに近い将来起こると思われるいろいろな生活様式の変化があげてあります。もし、そういうことが起こった場合、あなたはどう思われますか。

よい(好ましい)ことだと思いますか、悪い(好ましくない)ことだと思いますか、それともそういうことが起こっても気にしませんか。それぞれについてお答えください。

の問のうち、「権威や権力がより尊重される」について、「良いこと」と回答したひとの比率です。

『世界主要国価値観データブック』(同友館)より作成



橘玲さんの記事にとても興味深い記事があったので引用。
日本人は他国と比べて断トツに飛び抜けて権力が嫌いという記事。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
investor46 at 21:30科学日記
繁栄し続ける会社のルール繁栄し続ける会社のルール
著者:小宮 一慶
販売元:ユナイテッド・ブックス(阪急コミュニケーションズ)
(2010-01-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



これもアプリで350円の特別価格で販売していたので買ってしまった。
読んでると、ほとんどがありきたりな内容なんだけど、個人的にひとつだけすごいなるほど!と思った部分があったので備忘録として書いておこうと思う。

これからの自動車業界を論じている部分があって、電気自動車の話になったんだけど、そこで燃料電池についてのことが書いてあったんですね。
で、僕は燃料電池という言葉は聞いたことはあれど、そのメカニズムとか全然知らなかったんです。

で、燃料電池の仕組みって、確か中学のときに水(H2O)を電気分解すると酸素(O2)と水素(H2)が出るって習いましたよね。
燃料電池っていうのはこの逆をやると、つまり酸素と水素を結合させると水と電気が流れるよねっていう
お話です。
今まで燃料電池ってすごく難しいもののように思ってたんだけど、原理の部分はとっても単純なんですね。

で、面白いのは、今ガス会社が家庭用の燃料電池エネファームを売り出していて、そういえばエネファームって言葉をCMとかでよく耳にしますよね。
これは燃料電池の原理を見てみると分かるんだけど、燃料電池で電気を作るための原料として、酸素と水素がいるよね。
酸素は空気中にたくさんあるからいいとして、水素をどこから持ってくるかっていうと、実はこれガスから取り出すのが最も効率的らしいんです。
するとガスの需要が大きくなるので、ガス会社が儲かりますよね?
だから、ガス会社は家庭用燃料電池エネファームをCMなどを使って売り出してるんです。

今、原発問題があって、電力業界は脱原発とか自然エネルギーとかいろいろ言われているけど、ガス会社も燃料電池を引っさげて電力業界に参入するかもだから、中々面白くなりそうですね。

というわけで、まあありきたりなことしかないけど、350円という価格なら充分ペイするので興味のある方は買って読んでみてもいいかもよ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年01月19日

ゲーセンで出会った不思議な子の話:哲学ニュースnwk 

 
この記事めちゃくちゃ感動したので、かなり長いけどお暇なときにでも読んでみてほしい。
映画化されてもまったくおかしくないレベルのお話です。

最近、この手の2ちゃんねるまとめ記事の自分語りスレが結構多いんだけど、たまにめちゃくちゃ面白いんですよね。
人間って、こうやって活字とかにすることによって、自分の人生を残すことができるし、それを読むことによって、他人の人生を擬似的に体験することが出来る。
だから物語(ストーリー)ってすごく面白い。
その物語を伝えたり、楽しんだりするための手段として、小説やマンガやアニメやドラマや映画っていうものがある。
一般の名もない人にも人生があって、そのほとんどは平凡に過ぎていくんだけど、その人生の中にはドラマがあって、それはもうコンテンツとしてすごく面白いんですよね。
小説やマンガやアニメやドラマや映画では、本当にごく一部の人しか作れないけど、インターネットによって、誰もが自分の人生という物語を世界に発表することができるようになった。
ブログとかに小説とかマンガとかを発表する人もいるけど、2ちゃんねるみたいにまさにインターネットの双方向性によって、いろんな人とやり取りしながら物語を紡いでいくのってネットならではなんだよね。
特に2ちゃんねるみたいな掲示板って、そういう皆でやり取りして、それが一つの物語としてコンテンツになって、そのコンテンツを2ちゃんねるまとめサイトでさらにコンテンツとして読みやすく洗練されたものにしてくれるっていう仕組みもあって、ネットの双方向性を駆使して皆で一つの物語を作るということに関してすごい向いてるのかも。

で、リンク先の記事だって、他の人が花言葉を知っていたおかげで物語として本当に洗練されたものになったし、過去には電車男とかもあったり、いろんな人と作っていくっていう掲示板のスレッドのスタイルって、新たな小説とかマンガとか映画とかに並ぶような物語を楽しむためのジャンルの一つになりつつあるのかもしれない。 

これからも2ちゃんねる発の良質なコンテンツがどんどん出てくるかもしれませんね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
investor46 at 04:06徒然日記
スキャンマン株式会社代表取締役の杉本勝男と申します。 当サイトへお越し下さりありがとうございます。 コメント、トラックバック歓迎です。 なお、当サイトはリンクフリーです。 twitterもやっていますので、よろしければフォローお願いします。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
  • ライブドアブログ